1F Arimitsu BLD, 1-14-5 Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka, JPN 810-0041 TEL/092-724-0628
by wizARTd
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
before-after /no.11
Fitting Room。

b0171914_1953597.jpg

b0171914_19555413.jpg

b0171914_19561081.jpg

b0171914_19564484.jpg

b0171914_1957851.jpg

[PR]
by wizARTd | 2009-05-26 19:47
before-after /no.10
天井の装飾。
b0171914_19355231.jpg
b0171914_19361247.jpg
b0171914_19362955.jpg
b0171914_19371393.jpg
b0171914_19373542.jpg


塗装は剥がれ、月日を感じるサビ具合。

いい味出してます。

こんな内装にはドライフラワーかなと。


みなさんから頂いたたくさんのお花も

現在ドライフラワーとなって飾っています。
[PR]
by wizARTd | 2009-05-25 19:33
before-after /no.9
既成概念を壊す。
b0171914_2132423.jpg

椅子を逆さに吊るし、

上に物置いたり、

背もたれの部分に服掛けたり。。。


什器に変身。

正直、座って使いたいくらいかっこいい椅子なんですが、

こういう使い方の方がこいつも喜んでくれると思います。

b0171914_215475.jpg


錆びたナンバリング入りの鎖も、マットブラックの椅子も、

すべてアンティークもの。


:black chair(antique) 39900yen

:chain(antique) ¥ASK
[PR]
by wizartd | 2009-05-24 02:27
before-after /no.8
什器搬入編。
b0171914_1533996.jpg

b0171914_15334229.jpg

b0171914_15345351.jpg


とりあえず

什器?のような装飾?のような家具?のような、

内装品を店内に入れ込んで配置決め。


全部いいツラしてます!
[PR]
by wizartd | 2009-05-20 15:41
before-after /no.7
外装編。
b0171914_13451950.jpg

元々は天井の装飾として使われていたものを外観に使うことに。

何とも言えない味のあるグリーン。

所々が錆びていたり、剥げていたり。



普通、新たに外装変えるならきれい飾るところを

あえて元よりさらに汚く。


もちろん僕らは汚い外装なんて思ってるわけもなく、

むしろ奇麗。


b0171914_13453633.jpg


次にサイドの壁にトタン。

元々のまっさらな純白の壁にわざわざ錆びたトタン。

このトタン、

今一般的に使われているトタンとは違い、ウネリがでかい。

別にどうでもいいこと。

絶対誰も気づかないけどそこがいい。

こっちも奇麗な仕上がり。

これで外は完成!

どちらも風、雨にやられて

今後さらに表情が変わっていくのが楽しみです。




b0171914_13464373.jpg

[PR]
by wizartd | 2009-05-17 14:13
before-after /no.6
b0171914_0134992.jpg

続いて、什器搬入。
すべてアンティークもの。

ここからは以前もご紹介したEB Trading Co.社長大津氏と共に。

このお方と出会ったのは、ほんの2、3ヶ月前。

ネットで発見→翌日津屋崎へ→ビビビッ!的な。

新たな出会いとしては久しぶりに強烈な刺激を受けたお方。

b0171914_0143295.jpg

日本のアンティークショップと呼ばれるところには
並んでないような装飾豊かな建具たち。

窓、柱、机、椅子など...

高いお金を出せば手に入るようなブランド家具より

こういう名もなく、

どこかでひっそりとホコリかぶって眠っていたようなモノの方が

魅力を感じる。

どれも今のモノにはない表情がたまりません。

はじめて出会った時はリアルに興奮しました。

とにかく歴史を感じます。

明らかに僕らより年上です。

よく壊れず、捨てられずに生き残っていてくれました。

これからはwizARTで新たに輝いてくれることと思います。
b0171914_0145979.jpg

このねじれた棒。
今は服を掛けるハンガーポールとして使っていますが、
元々は壁の角などに装飾として使われていたもの。





写真にあるアンティーク什器は
現在wizART(d)で什器として使われながら、
商品としても販売しております。
気になるモノなどがありましたらお問い合わせ下さい。
wizART(d) ウィザート
TEL/092-724-0628



アンティーク家具などが家に欲しいという方や

家の装飾などに使いたいなどご興味のある方は、

ぜひ当店までお立ち寄り下さい!
[PR]
by wizartd | 2009-05-13 01:22
商品紹介。
b0171914_0594669.jpg

mexican maria/vintage showcase art

メキシコ国境近くで発見したモノ。
立体的なshowcasenoガラス部分にハンドペイントが施され、
中にはマリアの絵が。

SOLD
[PR]
by wizartd | 2009-05-11 01:05
before-after /no.5
b0171914_245774.jpg

内装施工の続きを...。

とりあえず塗装後、
シャンデリアだけ飾ってみることに。

b0171914_2454716.jpg


しかしまだ店内はすっからかん状態。

次に手を付けたのは...

バーカウンターのあった所からニョキニョキと出た数本の管。

さすがに水道周りは業者に頼んだ方がいいとのことで、

プロの手に...。

b0171914_2463027.jpg


厄介なことに床下まで開けるはめになってしまったが

なんとか完了。

さらに後日、絨毯業者にアポを取って

全面絨毯張りに。

b0171914_2465896.jpg


どちらもその道のプロ。

その手際の良さに脱帽しつつ、ちょいちょい出しゃばって手伝いつつ...。


こういったその道のプロの人と話すのはスゴく刺激的で、

業種が違うだけにまた新鮮。


OPENに向けていろいろな方の技が詰まった店に。



続。
[PR]
by wizartd | 2009-05-10 02:43
お祝い 続編。
b0171914_595776.jpg
DEFCULT
Jesus×maria-CLOTH-
[PR]
by wizartd | 2009-05-09 05:15
before-after /no.4
内装施工、続です。

b0171914_1135132.jpg

b0171914_1141519.jpg

ぶち抜いた壁の淵を埋めるため、

モルタルで埋めていく。

これ以外と楽しい。



ついでに穴と壁をなじませる為に、

穴の周りの壁にも進出しながら。。。


b0171914_1144632.jpg


次に、

カウンターの台となる木板をはめ込み、

さらに縦に鉄筋をはめていく。


当初の予定では刑務所みたいに真っすぐはめるつもりが、


「ちょっとおもしろくね〜な」


ということで、歪な形に曲げてみることに。。。


もちろん素手ではとても曲がらない強者、鉄筋。

殴ってもビクともしません。。。



試行錯誤を重ね

なんとか、

てこの原理を使って曲げることに成功!



さらに鉄筋同士のバランス見ながら、

曲げては、はめて、

曲げては、はめて....


そして、

b0171914_1163293.jpg



なんとか完成〜

(鉄筋だけで1日費やしました笑)


b0171914_1165063.jpg

b0171914_117839.jpg



そしてモルタルが乾燥した後、

壁と馴染ませるために、同色ペンキで塗装。


b0171914_118665.jpg



少し下地の色も残しつつ。。。

あえてペンキの垂れた感じも作ってみたり...。

b0171914_1185145.jpg





アパレル歴10年ですが、

なぜかこういうのも大好きなんですよね〜 

しかもスタッフみんな。


何かを形にしていく過程とか、

それを創造していく過程とか。


その何かが

服でも、モノでも、洞穴でも何でもいいみたいな。


これからもいろんなことに対してのポテンシャルをみんなで引き出していけたらな〜と。


もちろん基本は断固洋服屋だけど、

そこからウチらしく何かを広げれたらと思う今日この頃。



これがまたむずかしいんですけどね〜
[PR]
by wizartd | 2009-05-08 01:09